• 安田ヨウコ

たのしい入院生活ー3 入院前の心配

初めて入院することになったとき、小さなひとつひとつのことに不安を感じた。


病気のボリュームが上がると、わたしという生命体を守っている外郭のようなものが、ヤワになってしまったようだった。

いや、逆なのかな?外角がヤワになったから病気になってしまったんだろうか?

ともかく、からだを包んでいる殻みたいなものが薄くなってしまう感じだった。


そのせいか、すーすーする。(笑) 

そして、元気だった時に気づかなかったような、小さな感覚でも感知するようになった。


埋もれていたアンテナがピコンと立ったような感じだった。

大自然の中で、小さな動物が、周囲の音や空気の動きやにおいを敏感に察知して身を守る、そんな感じ。何が一番大事なのか、迷わずすぐに分かる感じ。


五感は冴えた。例えば、久しぶりにイヤホンで音楽を聴いたら、音が直接心に突き刺さるようで、感動して涙があふた。


特殊なカメラで世界を映して、見えないものが見える超能者になったような・・・。

弱弱しいのだけれど、わたしにとっては、ある意味、とても興味深く貴重な体験だった。


実際、体調がとても悪かったり、不安におびえているような状態で感覚が鋭くなると、それだけ不安のボリュームが上がることにもなるので、のんきなことを言っている場合ではないのだが・・・。


また、全く逆のことも同時に起こった。

ある部分に関してはまったく感覚が鈍感になっちゃった。


生きるか死ぬか、治るのか、悪化するのか、という瀬戸際になると、

普段気にしている、ちっぽけなことはどうでもよくなるんですね。


そのおかげで、私の場合はかなり「せいせい」した。

自分の治療に専念せざるを得ないと、はっきりわかったから、

それ以外のことは気にしなくなった。


病気になるということは、周囲の人達に

「しばらく、わたしという生命体のお世話をすることに専念します」

ということを表明するチャンスなんだ。


ノンストップで毎日に追われていた私にとって、

それは神様がくれたありがたい時間だと思った。

ほんとにありがたい時間。


一番心配だった小さなこと

さて、入院前、

レッスンのお休みの案内、

代講を探したり(生徒さん、同僚のおかげですぐに了解してもらいました)、

家の中を片づけ、

ということはスムーズにできた。


一番心配だったのは、

入院中の洗濯と、着るもの!


何て小さなことなんでしょう!?