• 安田ヨウコ

インフルエンザにかかったら

ただいまインフルエンザ6日目。

もうすっかり通常通り(•_•)

体が軽くて、やる気が復活してきた!

日曜夜、夫が寒気を訴え、月曜夜、私の喉がイガイガしだし、火曜の朝には二人ともが立つのがやっとの状態で、それぞれの行きつけの病院を受診して、インフルエンザA型と判明。

受診後すぐ薬局でイナビル(一度吸入するだけで効く)を吸入した。

症状が出て24時間以内に吸入できたわけだ。

はじめの2日間は何もできなかった。

こんなにも辛いのかと、思い出すすごい辛さ!

3日目に熱が下がってきて、咳と頭痛。

その後2日ゆっくり自宅にいるよう指示されて、やっと今日から動ける。

私は2年前から持病の慢性腎臓病があるから、とにかく風邪や感染症にはかかるなよ!と言われてかなり気をつけてる。悪化することがあるから。

まあかかったものは仕方ない。と、やたら前向きになってるのは、

辛かったけど、治るときに「より良く治った」感があったから。

治るときの命のパワーはとってもパワフルだから、

この波に乗ってブログも書き出した。

きれいに治ったので、薬以外にやったことをメモしておく。

1 かかってもうた!辛いっ!となったときに、

ホメオパシーのアコナイト

を飲んだ。

そういうときに飲むと良いらしいと思い出したため。

→私の場合はプラシボ効果あり。

2 マスクと加湿器

乾燥するときにはお肌のためにも寝るときにマスク。普段から。

3 マヌカハニーをなめた

一番辛いときに、喉がイガイガ、乾燥して、咳が出ていたから舐めた。

うがいのように喉で止めておくと良いというが、その余裕はなかった!

→すぐにではないが、効果あったと感じる

4 経口保水液を飲む

のどか猛烈に乾く。日常的に水を十分にとっているが、通常より水をたくさん飲んでいたからミネラル補充。水だけでは体内の電解質のバランスが崩れるから。通常女性で1500mlと言われるが、軽く2リットルは飲んでた。

喉の渇きを感じるより前に水分補給することは、腎臓のためにとても大事だし、インフルのときは誰でもそう。

でも、通常は腎臓さんのためにイオン飲料は☓。

→水を飲んで、悪いもんや老廃物をからだからはやく流す作戦

5 高熱時、無理して食べない。が栄養は補給

夫がお粥を作ってくれた♥

私はほとんど起きられなかったのでありがたかった。

お粥には「

おいしいだし