• 安田ヨウコ

私に絡まる蔓をとる:気づきのワークショップ

先月、友人の那須の別荘を訪ねたとき、庭の手入れを手伝いました。

その時のことを書きたいなと思っていました。

なんだかよい体験だったので。。。


庭に植えてある木々は鬱蒼としていました。

よく見ると、樹につる植物が絡みついているのでした。

どの葉っぱが本体の葉っぱかわからないほどはびこっている。

つる植物は本体の樹の葉が太陽の日を浴びるべきところを

横取りして独り占めしようとしていました。


つる植物にも生きる権利はある!


ということはさておき、私はブルーベリーの樹に覆いかぶさる蔓を

取り去ることにしたのです。


こいつめと、かぶさっている葉っぱを引っ張ると

蔓同士が絡まったり、ブルーベリーの枝に強く絡んだりしていて

なかなか取れません。


しばらく格闘していくうちに、

はじめは見分けがつかなかった枝の絡まりが、

本体(ブルーベリー)と蔓の枝の区別がつくようになって

蔓の走るラインが見て取れるようになりました。


本体を傷めないように、蔓を外していきます。

闇雲に絡まっているようで、

感心するほど無駄なく、しっかりと、効率よく絡まっている!

ハサミを使って蔓が外れる要所要所を切ります。


そうして、上部から覆っている蔓の元の元をたどっていくと

つる植物ももちろん地面から生えているわけで、

本体の幹の近くに根本がありました。

それをチョキンと切りました。


放置されているうちに、蔓の元は結構な太さになっています。

自分は細々しているけれど、

大きく育った樹に巻き付いて、太陽の日を得ようとするわけか、

巧みな技だなぁと感心しました。


つる植物を取り去ると、たわんでいたブルーベリーが

きれいに立ち上がったように見えました。

ブルーベリーも太陽に向かって葉を広げていました。


この作業は集中できる興味深いものでした。

なんだか自分も同じだなぁと思ったのです。


知らないうちに蔓に巻き付かれていて、

知らないうちに太陽の光をさえぎられている。

エネルギーを他のものにとられている。

だから、やはり、自分の手入れをしないとな、

と思いました。