F.M.アレクサンダー氏と

アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダーテクニークの簡単な説明 これからレッスンを受ける方へ 

IF.M.アレクサンダー氏

フレデリック・マサイアス・アレクサンダー氏(1869-1955)について:
オーストラリア、タスマニア出身。アレクサンダー・テクニークの創始者。若い俳優であった頃、舞台上で声が出なくなる症状に悩まされたことがきっかけとなり、声が出るとき、出ないとき何が起こっているか自己観察をつぶさに行った結果、後にアレクサンダー・テクニークと呼ばれることになるワークを発見し、声の症状のみならず、心身を含めた自分自身全体の使い方の改善に至った。その方法を他の俳優や医師などに手を使って伝えた。

 
 
Iアレクサンダー
テクニーク

アレクサンダー・テクニークについて:
F.M.アレクサンダー氏によって発見された「自分の使い方」のテクニック。心身の不必要な緊張をやめていくことによって、本来人間に備わる脊椎動物に共通の「頭と背骨のつながりと調和した四肢の自由な動き」(プライマリー・コントロール)に則った居方、動き方を学ぶ。「~しよう!」という考えが体に影響を及ぼすことを体感から学び、首を楽にすることで意識と体の調和を図る。音楽、ダンス、演劇、プレゼンなどパフォーマンス向上、日常生活の動作や人間関係の改善、慢性的な腰痛やコリの軽減・予防など汎用的な効果がある。