top of page
  • 執筆者の写真安田ヨウコ

11月末開催!ロビンと学ぶリビング・イン・ア・ボディ

更新日:2019年11月14日

みなさんの中で、以下のこと、一つでも当てはまる方はいらっしゃいますか?


・からだの疲れや痛みやコリは仕方がない


・誰かが揉んでくれなければ治らない


・足を踏ん張ることは必要で避けられないことだ


・首がいつも固い


・年には逆らえない


・もう年だから仕方がない


・足らなければ足せばよい


・足すものがなければ頑張ればよい


・頑張ればなんとかなる


・頑張るしかない


・体は思いどおりにならない


・解剖学は頭に入っている、施術もできる



・クライアントへの指導をブラッシュアップしたい


・グループティーチングに興味がある


・からだの知識がまだ足りないと思っている


・技術を上達させたい


・結果を出す施術をしたい


・専門家ではないけど、からだのことに興味がある


・自分で何とかしたい



・からだを大事にしたい



・座学で学べることしか学んだことがない




今月末から「リビング・イン・ア・ボディ」のレベル1認定コースが開催されます!

しかも、今年はロビン・アヴァロンが自ら教えるまたとないチャンスです!



「リビング・イン・ア・ボディ」は

私の先生でもあるアレクサンダーテクニーク教師養成トレーナーのロビン・アヴァロンが纏め上げた「自分のからだのトリセツ」です。(一般的にはボディマッピングと呼ばれています)私、安田ヨウコもインストラクターです。


自分のからだは一生のパートナー。

そのメカニックとデザインを学ぶことで、

パートナーとの関係を

円満でわくわくするものに変化させます。


リビング・イン・ア・ボディを学ぶと、

からだを意外なほど機能的に使えるようになるだけでなく、

頭の中にある「当たり前」を覆し、

からだを通じて「思い込み」を変化させます。


リビング・イン・ア・ボディを受けて、

眼のうろこをたくさん落としてみませんか!?

リビング・イン・ア・ボディのテキストの 最後に書かれている言葉を紹介します。

----

F.M.アレクサンダー曰く:

「もし既知のことを続けていたら、

未知のことをすることはできない。」


アルバート・アインシュタイン曰く:

「狂気とは、何度も同じことを繰り返しながら、

新しい結果を期待することだ。」

考えを変えればあなたの人生が変わります

‐―


自分のからだや生活を新しい目でみてみませんか?






閲覧数:24回

Comments


bottom of page