• 安田ヨウコ

やりたいことをするまでは長いみちのり


小さな頃、絵本を描きたいと思っていた。


でも、それはずーっと昔の、気の変わりやすい子供の

小さな望みで、長い間、心の奥にしまわれたままだった。


小さな望みだったのに、

消えずにしまわれていたのだから、

わりとしぶとい望みなのかもしれない。


絵というのは、(絵でなくても)

やむにやまれぬ強い情熱や渇望によって描かれるものだと

思い込んでいる節がある。


ふと、絵を習おうかと思いつくと、

「死ぬほど描きたいわけではないし、

描いたからってどうなるの?」

なんて、思った。


そして、少し描き始めても、すぐに飽きてしまうのだった。 それはたぶん、すこしくらい描いてみても、

自分が思うような絵はすぐに描けない

という、あたりまえのことが

我慢できなかったのかもしれない。

こういうものが描きたいと思っても、

なかなかその様にかけない。


どうしても描きたいの!

と思って、情熱をもって探求したら、

今頃、思うように好きな絵が描けていたのだろうか


探求の道に入って、どんどん創造しながら練習する道もあったのに。



やりたいことをしようと思う。

で、やりたいことって、なんだろう?


やりたいことを思い浮かべてみる


・・・何もでてこない

あれが食べたい

あの人に会いたい

あそこへ行きたい

いつかどこどこで○○をしたい。


などと、浮かんでくるけれど、


ほんとうに?


ほんとうにそれ、したいこと?


って問い直すと、そうでもないってことになる。

死ぬほどやりたいことなんてないように思えてくる。

(わたしって「死ぬほど」以外はゼロという考え方なのかしらね?)



わたし、既にもう、好きな仕事しているよね。

それ、やりたいことだよね。

それ、もっと深めたい。

でも、ほんとうにそうなの?


って聞くと、そうだけど・・・・。

と、もやもやする。


それじゃいけない、と長らく思っていた。

ほんとうの自分の望みに忠実に生きたいから。



で、人生半世紀過ぎ、わかってきたことは、

あれがしたい!ってはっきりしている人もいるけれど、

(あるいは、そういう時期があるけれ