• 安田ヨウコ

不安や窮屈さを感じたとき、呼吸の実験はいかがでしょう?

こんにちは。アレクサンダーテクニーク教師の安田ヨウコです。


あれよあれよという間に新型コロナウィルスが世界中に広まってしまいました。

そのせいか、以前からそれほど変化がない状態の国内にも、改めて得体のしれない不安が強まっているようです。


それに加えて、日本は警戒が発せられて社会的な対応(休校やイベント等の延期やキャンセルなど)が始まってから、既に一か月半が経っています。時間の経過とともに、警戒して生活するのに疲れてきた感じもあるのではないでしょうか。


ここらで一つ、呼吸の実験をしてみませんか。


手順は

1)からだ全体を思い出す

2)口からふーっと息を吐く

3)唇を閉じる

4)鼻から自然に息が入るのを観察する


これだけのステップです。

次に少し説明しますね。


1)からだ全体を思い出す


今、からだ全体があるなーって

思い出してみましょう。

「からだ全体」には「頭」も含めてくださいね。

人によって、からだというと、首から下のことを考えてしまって

頭の存在を忘れてしまう方がいます。

頭から足まですっぽりと全体です。

ただ、あるなーって気づくだけです。


肩はやわらかくしておきましょう。

あらかじめ数回回してみてもよいですね。

でも、よくわからなかったら、

気にせず、からだ全体の意識にもどりましょう。


2)口から息をふーっと出す


既に今、体の中にある空気を、

口からふーっと吐いてみます。

はじめは小さなため息かもしれません。

そして、ここが大事。

息が全部出たら、優しく唇を閉じます。


3)すると、鼻から空気が自然に入る


ここがとてもよいところなんだけれど、

唇を閉じると鼻から息が自然に入ってきませんか?


意識しすぎするとうまくいかないので、

私のレッスンではよく「めだかの学校」の歌を例にします。

そおっと覗いてみてごらん♪です。

鼻から入ってくる息をただ感じましょう。

(そおっとしすぎると息が止まってしまいます)


息、入ってこない!!!!

って人は、慌てず1、2秒まってあげてください。

必ず入ってきますから。(笑)


ではもう一度、始めからやってみますね。

この絵のような↓感じで、風の精になって

(はい、ボッティチェリのヴィーナスの誕生に出てくる風神ゼフィロス)


ふーっと口から息を吐きます。

あ、頬っぺた膨らませなくていいです(^^ゞ

唇も、とがらせなくていいです(^^)

あくまでも自然に。静かに。

勢いはなくてもいいです。


大事なのは、

頭を前に突き出さないってことです。